当ブログにようこそ!アメリカ在住のbee(セレナ)の個人ブログです。『宇宙の法則』やマインドフルネス・コーチングのお悩み相談をしています。

ココナラでのお悩み相談
当サイトからの悩み相談フォーム(ペイパル)

 

無条件に愛される秘訣 【Best of my love】



私は大昔から
パートナーやら元彼やら元夫やらに
無条件に愛されてきて



貢がれて
与えられて
大切にされる

というパートナーシップを現実化してきた。

それらが終わってしまった理由は
色々とあるけれど、
結婚をのぞいた関係はすべて、
こちらがコミットしていなかった、
というのも大きいし、
私自身の感情がダダ漏れで
ちゃんと受け取れていなかったところもある。

まあそれは仕方ないし
後悔もしていない。

そして、今もまた、
自分が願った通りの
パートナーシップを築きながら
超超大切にされている。

君の夢を叶えるのが僕の仕事。
とすら言われている。

出会ってほぼ1年だし
最初だけでしょ!
とかって言われそうだけど(-_-;)

彼と出会ったときには、
女性に尽すタイプの人には全然見えず、
それどころか厳しい印象がずっとあり、

私の理想のタイプとは違うなぁと
少しばかり思っていた。

同棲をはじめてからも、
私が望むほど私を大切にしてくれないかも。
と何度も思ったりした。

でも私は、
宇宙の法則を熟知していたので
焦ることもなく、
私たちの関係は必ず変わってゆくと思っていたし、

それは自分の願いが彼を変えるのではなく、
もはや彼の気持ちすら関係なく、
自分にフォーカスしていくことだけなので、
慣れない環境で色々と感情をブレさせながらも
自分の意識だけを修正してきた。

そして年が明けてみると、
彼はどんどん変わり続け、

私を甘やかすだけでなく
成長を促してくれる厳しさもあるところが
私にとっては最高の形であり、
とても幸せに暮らしている。

君が僕のいいところを
どんどん引き出すから、
最高の愛し方になってしまうんだ。


と彼は言う。

それで思い出した歌があったので、
動画を探して、彼に見せた。

今も健在かどうかは分からないけど、
大昔に住んでいた国で流行っていた

ASWADというバンドの、
Best of my Love
という歌。
当時大好きだった歌で、
今でも頭に残ってる。

90年代の歌だけど(;'∀')
興味がある人はググってみて!


Oh sweet darlin' you get the best of my love, oh

Sweet darlin', you get the best of my love

の部分が本当に好き。

best of my love(自分の最高の愛)
という言葉が出てくるラブソングは
他にもいろいろあると思うのだけど、


なぜ、
相手が最高レベルの愛で
こちらを愛してくれるのかといえば、

自分の中に、
無条件の幸せを育てているから。

無条件の愛を育てていれば、
相手の中にある無条件の愛を
ちゃんと引き出せるようになるし、
ちゃんと受け取れるようになっていく。

それがまさに、
引き寄せの法則ということ。

今の私は、
自分の息子や、元彼や、元夫や、
今のパートナーとの間で
それを実証することができている。

元彼や元夫からの愛は
男女の愛ではないけれど、
無条件に近い心地良さと信頼がある。


コーチングでは、
愛されていない!
愛されたい!
というお悩みを頂くけれど、

まずは自分が愛さなければ。

他でもない、自分自身を。

そして、
そんなパートナーを変えたい!
というご相談も頂くけれど、

たとえ結婚していても
相手を変えることはできないし
相手を変える権利もない。
(byエイブラハム)

でも、
力づくで
相手を変えようとするのではなく、

自分自身が無条件の愛を育てることで、
相手の中にある最高の愛を
引き出すことができるし、

自分がどんな愛され方をされたいのか
決めておけば、それだって叶っていく。

欠乏感だらけで、
愛されたいと願っているのに
素直に愛を受け取れる状態でなければ、
それなりの成長を
強いられることはあるかもしれないけれど、

人間は学びつづけるものだし、
成長しつづけるものだし、
体験しつづけるものだし、

そうやって得た喜びの世界は
本当に素晴らしい❤


その年齢でまた恋愛できるんだ。
と驚かれることもあるけど(;'∀')
年齢だって関係ない。

諦めたら損!


相手を変えるのは無理だし、
そんな権利はない。
とコーチングで言ってるの。

と彼に言ったら、

ぶはははは!
と笑われた。。。(;'∀')

なぜなら、実は、
この私も
彼と一緒に住むようになってから
遠慮というものがなくなり

おんぶにだっこで、
ものすごく色々してくれているというのに、

あなたのあそこが嫌。その癖なおして。
その服きらい。それはイヤ。
と、しょっちゅう彼に言ってるから。。笑

本当に恥ずかしながら、
私は彼を変えようとしている。

でも、
別にいいよ。と彼は言う。
君はそのままでいいんだよ~と。

若くもなく、キレイでもなく、
依存型で甘えてワガママで
家事も全然しないのに、

そのままでいいと言われる
この幸せ。

本当の自分と繋がることができれば、
本当の自分のままで愛されるし、

無条件の愛が育ってくるから、
無条件に愛される。

無条件の愛とは、
精神的な自立であり、
自分の感情に責任をもつこと。

そして、愛を取りこぼすことなく
受け取れること。
受け取ることは与えることであり、
一方でこちらからの愛には、
自己満足的な自我もない。

私自身は、
口で言うほど、
うまくやれていないし、
本当の意味で無条件になれていないし、
感情をブレさせることもたまにあるけど、

意識するだけでもちがう。

欠乏や不満や不安や怒りの波動で
相手を変えようとしたり、
もっと愛してもらおうとしても、
それは無理な話なのだ。