当ブログにようこそ!アメリカ在住のbee(セレナ)の個人ブログです。『宇宙の法則』やマインドフルネス・コーチングのお悩み相談をしています。

ココナラでのお悩み相談
当サイトからの悩み相談フォーム(ペイパル)

 

相手ではなく 自分にフォーカス

 


引き続き仕事の話になってしまうけど、

私がボルテックスに入れていた要素を
すべて含めて現実化した職場が
たまたま私の大好きな場所だったことに
彼が気付かせてくれた。



そこにある、
やってみたかった仕事は
人材募集していなかったけど、

引き寄せの法則に導かれて
私はすぐに、そこで働く
うんと年下のクリスという男性に出会い、
即効で採用されて

彼が直属の上司になったわけだけど、
怒涛の2週間の間、

未体験の仕事内容を
習ったばかりの私が
彼と一緒に働いた時間は
刺激と状況からのストレスが
満載だったものの

彼は私という人間を認めて、崇めて、
リスペクトして、好意を寄せてくれて、

私を信じて、任せて、
そして私のミスを全部拾ってくれた。

それは私も同じことで、
私は彼がまるごと大好きになり、
尊敬して、感謝して、頼り、
力になりたいと思い、

彼の姿を見るとときめいた。

もちろん恋心としではなく
仲間として。上司として。

彼がいたから安心だったし、
頑張れた。

だから、
彼が2週間後に辞めることになってると
知ったときは驚愕した。。。

もっと条件のいい職場に移るということで。

君も一緒に連れて行ってあげたい。

と彼は言ってくれた。

でも私は
通勤に1時間かける意志はないし、
すぐに辞めるわけにもいかず、
ここに留まることにしたのだけど、

最終日には涙が出てきて
帰宅するときは
運転しながら泣いてしまった。

それは悲しみとはちょっと違って、
こういう体験をできていることへの
感動みたいなものだったと思う。

悲しいとか、辛いとか、
寂しいとか、

そういうラベルづけすることすら
最近はしなくなってしまった。

ただひたすら、
これまで知らなかったような
こうした体験が愛しくて嬉しい。

今になって、
こんな人間関係を体験できた尊さに
感謝した。



クリスの後を引き継いだのは
私の娘にもなり得る?
若く職場体験が豊富な若い女性で、

容姿端麗で華やかで
超ハキハキしていて
超働き者。

すべてが私とは正反対で
私は大好きなんだけど、

数時間ほど一緒に働くときは
ちょっと苦痛だったりする。

私を全面的に受け入れて
いいところしか見ず
完全に信頼したうえで、
ミスを拾ってくれていたクリスとは
違うから。

彼女は私の至らない部分にフォーカスするので、
どうしてもその部分が引き出されてしまう。

もちろん、
それを克服しようと自分なりに意識するので、
とても感謝しているし、

波動の法則の働きをつくづく再認識し、
毎日が学びの場になっているのだけど、

帰宅すると疲れてしまって。
少しだけ愚痴をこぼしてしまう。

すると彼は、
いつだって全面的に100%私の味方なので、

しっかり話を聞いた上で、

たとえ私に違うところがあると思っていたとしても
そんなことはおくびにも出さず
私を応援し、勇気づけ、

男性らしく分析をはじめる。

彼いわく、
彼女は上司という立場になって間もないので
その振る舞いがよく分かっていない。
だから彼女自身、学ぶべきことが多いんだよと言い、

彼女が読むべき本を私に教えてくれた。。。笑

別に彼女にすすめることはしないけど、笑


彼だってそういう本を読んだり学んだり
失敗したり色々やって
部下をまとめ続けてきたのだ。
やはり、経験者は違う。。




どんな立場であれ、
学び続けることが必要であり、
それを怠っている人、
そこに至っていない人に対して
自分を消耗させることはない。

大切なのは、
自分軸になること。

そして、

自分の感情がブレるのは
相手のせいではなく
自分が自分でそうしてしまっている
と気づくこと。

コロナ禍でのリモート化とか、
オンライン起業とか
早期リタイヤとかで
今の時代、あくせく働くことなく
人混みから離れる暮らしも幸せだけど、

他人と生身で接することで
学ぶものはとても大きいし、
ものすごく貴重な体験となるのだから、

自分の波動を現実化させていく
実践の場になっていく。

願いを叶えることにのみならず、
人間関係とか、
職場の雰囲気にも反映していくのだから。

もしも今、
イヤな職場にいるのであれば、
今が創造のチャンスになるはず!